プロフィール

華在月

Author:華在月
読み方は適当に。
いつでもどこでもマイペース。
小動物(特にウサギ)をこよなく愛す。
神話も教典も物語として楽しんでしまう性質。
語りも騙りもします。
最近はSoundHorizonの曲にどっぷりであります。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

とりかごのことり。
kikaku8.jpg
「あいにきたよ」

エリーザベトが二度目だって?
描きたいままに描きなぐるのは性分です。
そんなこんなで。
あれです。
メルは心の目で見てください。

にしても、メルとエリーザベトではどうしてこうも抱き着いたり抱きしめたりな構図が描きたくなるのでしょうね。
うーん。
あのシーンが一番好きだからですかねー。
エリーザベトが大好きな華さんであります。
鳥籠から号泣だったよ、イドイドを想い出せば。
しばらくMarchen熱が収まらないというか留まるところを知らないと言うか。
さんこそでもあさりそうな予感がしています。
5月のさんこそで何よりわたしの心を奪ったのは井戸親子でしたがね。
そういえば。
メルエリメルエリ言ってるお蔭か他のは駄目なのかと言われるとそうでもなく。
なんか、メルメルが万能すぎて。
いや、テッテレとくっついてもいいし、闇冬にもなにかこう、地平線を呼び越えた感じがいいし、なによりエリーゼでもおっけーですはい。
さすが、屍揮者様は格が違うぜ。
かっこいいテッテレが描きたいなぁ……。
スポンサーサイト

2011.09.05(Mon) | 普通日記さん | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://lastouth.blog96.fc2.com/tb.php/537-6d557dc1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。